2012.7.21
お昼寝のあと、首都高速道路羽田線の羽田可動橋へ。詳しくはウィキペディアでも見てください。
要はトンネルのせいで合流部分が短く渋滞の元になるため、川渡って充分な加速路をこの橋でとったっていうことですね。あいにくの曇り空。
DSC_1930
非常にバランスが悪そうだ。
DSC_1939
海側の側壁は防音壁じゃないんだね。
DSC_1977
世が世ならこれも弁慶の仕業になるかも・・・
DSC_1966
3回重ね塗り。
DSC_1954
案内板も残っている。
DSC_1946
魚釣りしている人もちらほらいました。
DSC_1972
それでは各接合部の紹介といきましょう。
続き
①まずは一つ目の接合部。
DSC_1935
10mくらい動けば繋がる。
DSC_1937
結構なそっぽの向き方である。
DSC_1950

②ふたつ目の接合部
これは数十mの移動が必要です。
DSC_1962
首都高の心意気で、七夕の夜に年1回だけの接合ショーとか開催してほしい。写真で見るよりこの2人?の距離は遠い。運河の向こうとこっちですからね。今後出会える日は来るでしょうか。
DSC_1979

③三つ目の接合部(羽田空港側)
接地の看板を見ると、日時によって接合する日が決まっていたようです。
DSC_1982

何も前知識もなくこの光景をみると相当驚くだろう。
DSC_1975
橋の壁の向こう側には鳥の巣がたくさんありそうだ。
DSC_1926
立入り禁止の柵の中で子供たちが魚釣り。怪我しない程度にこういうのも子供には必要ってことで。
DSC_1943
追記:こちらも。


以上