2013.4.12
四国バイク旅.6日目 朝7時30分頃。宇和島城は、元々藤堂高虎によって築かれた。
丘陵(今でも急な坂道を登る)にあり結構疲れる。登っていても天守閣がなかなか見えてこないので、本当にあるのか?と勘繰りたくなるほどであった。
登り切って奥の方に3階建ての小さな天守が見えてきました。
DSC_0169
左に回り込む。
DSC_0171

天守の裏側(正面から見て左)
DSC_0166
天守の裏側(正面から見て右)
DSC_0167
朝日に包まれて荘厳な姿であった。
DSC_0175

現在見られる天守などの建築は1600年代中盤の伊達氏によるものであるが、縄張そのものは築城の名手といわれた藤堂高虎の創建した当時の形が活用されたと見られている。
DSC_0184
さすが高虎である。(知らないけど)
DSC_0188
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
記念に。
DSC_0173
もうひとつ記念に。
DSC_0174
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ほんとに素敵な天守でした。
2019年に再訪しました⇒
DSC_0194
この前は・・
この次は・・
まとめ・・
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
この旅の行程:タグは 四国バイク旅2013

この日は・・
前日は・・
翌日(四国バイク旅.7日目)は・・




以上