2019.12.13
高知と徳島を2.5日でぶらぶら(3日目・箸蔵駅とか) の続き
佃駅のお隣の辻駅に着いたのは8時5分、駅の横にある池田高校辻高の生徒が一緒にたくさん降りましたが、一人だけ駅舎のベンチでずっと下向きながらゲームしてた奴がいました。
DSC_0522_01
右に見えるのが池田高校辻高です。
DSC_0523

駅の近くの三叉路で細い道に入りました。地図を見るとこの道は県道140号線大利辻線です。
DSC_0529

そんなに見る人もいなさそうなちょっと色が抜けてしまっていた案内板がありました。
DSC_0537

この家は斜面につっかえ棒で建っていました。
DSC_0536
DSC_0538
脇道の先には石垣
DSC_0535
こっちの脇道の先にも石垣があります。とにかくこの辺りは石垣が多かったです。

DSC_0539
こちらは城レベルのかなり立派な石垣に家が重なり合ってました。小さいのから大きいのまでこの辺りは石垣だらけでした。
DSC_0543

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
昔の牛乳箱 森永カルダス辻販売店 
DSC_0526
雪印牛乳 井川町販売店
DSC_0533
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
この狭い道沿いから分かれる更に狭い道に「→金竜山」という案内板があったので、少しだけ歩いたのですが全然山っぽくなく・・・グーグルマップ見ると金竜山公園という高台にある公園があるみたいです。
DSC_0548
DSC_0549

この家の
DSC_0550
この意匠が気になりました。
DSC_0553
続く
この井内谷川に架かる橋には昭和3年の文字が見えました。
 DSC_0556DSC_0557
この川沿いにあったのは曽我部家住宅 藍染等も手掛けた商家で明治35年築ということです。
DSC_0571
DSC_0572
DSC_0574

右がその曽我部家です。ちなみにこの先はさっきの川へ降りる石段で行き止まりで、右側に門があってそこに登録有形文化財のプレートが掛かっていました。おそらくこのプレートを見るのは年に数人レベルでしょう。
DSC_0564
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
こちらは伊予街道の旧道沿いにあった昔ながらの商店街です。
DSC_0558
DSC_0575

この神社の階段横にあるお店もなかなか面白いですね。
DSC_0578
タイルの使い方にぐっときます。
DSC_0579
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
町を見下ろすように建つこの今宮神社は、本殿・拝殿・神門と瑞垣が平成28年に登録有形文化財になってます。
DSC_0580
徳島新聞のWeb版によると、この今宮神社は1915(大正4)年、たばこの専売制導入によって廃業した刻みたばこ業者らが、国から受け取った保証金の一部を持ち寄って建てた。県立工業学校(現徳島科学技術高校)の教員が設計し生徒が施工した。
DSC_0591
社殿は大正4(1915)年の建築です。
DSC_0586
最初は小さすぎる神楽殿だと思いました。でもここにお賽銭箱があったので妙な距離感での参拝となりました。
DSC_0585
DSC_0588
この説明書きによると平成6年に全面改修工事を行ったという事です。
DSC_0590
高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目辻駅後編) へ続く
□■□■□■□■□
この旅の行程
1日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(1日目前編・とさでん)
1日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(1日目後編・続とさでん)
2日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(2日目前編・土讃線)
2日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(2日目中編・土讃線)
2日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(2日目後編・土讃線)
2日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(2日目・阿波池田の夜)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・箸蔵駅とか)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・辻駅前編)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・辻駅後編)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・阿波半田編)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・再び佃駅と坪尻駅)
3日目:高知と徳島を3日でぶらぶら(3日目・箸蔵寺とか)
終わり