2014.9.3
8月31日に衝動買いした青春18キップで1泊2日の旅です。ただし今週末は雨模様・・使い切れるのか。
早朝に川崎を出てひらすら東北本線を北上し、福島駅に到着したのは11時54分。ここで12時51分発の奥羽本線に乗り換えます。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
13時08分、福島駅から3つ目の赤岩駅で下車します。あと1人降りた方がいて30分後の折り返しの電車に乗った様ですが、私は16時21分の米沢方面に乗車しますので3時間以上の滞在時間を確保しております。
DSC_0084

この駅はこの後訪問する駅と違い、スノーシェッドがありません。ちなみにこの日の福島の天気予報は曇りで降水確率10%だったのですが、奥羽本線に乗り板谷峠に差し掛かると、霧が深くなり小雨が降ってきました。悲しいくらいに屋根の面積が小さいです。
DSC_0070

赤岩駅・・奥羽本線の一部が、1990年に山形新幹線開通に合わせ標準軌に改軌。この際にスイッチバックを廃止し、駅自体が現在の場所(本線上)に移転しました。こちらが旧赤岩駅のホームです。
DSC_0064

旧駅を通り過ぎ、スイッチバックのトンネル(入口に金網有り)を右手に見ながら、大平という集落を目指して山道を登ります。
DSC_0060

これが赤岩駅と外界を繋ぐ唯一の道であります。帰りに保線員を乗せた車と地元ナンバーのライトエースが私を追い越して行きましたので、車で駅まで行けなくもないですがお勧めは出来ません。
DSC_0007

ちなみに現在は利用者皆無のため、2012 年から冬季期間の12月1日~3月25日まで全列車が通過してしまいます。これ・・雪の季節は実質通行不可能でしょうから、その方針は正解かと思います。
DSC_0048
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
大平集落まで徒歩約30分との事前情報でしたが約15分で到着。今までの険しい道が嘘の様にいきなり視界が開けます。
DSC_0036
開けますが・・何もありません。
DSC_0040
その大平集落・・地図で示すとこの様な立地であるが、近くに幹線道路が一切なく、車で到達するにも相当な土地勘が必要になるだろう。地図で見ても悲しいくらいに道路が細いうえにこの集落がドン詰まり。
BlogPaint

今はほとんど無人。
DSC_0018
いつ頃まで多くの人が住んでいたのか分かりませんが、歩いた範囲では今でも数軒だけお住まいの家が有る様です。
DSC_0022
今は雑草が生い茂っている場所も昔は畑だった様。
DSC_0030
WRCラリーのターマックにありそうな道。
DSC_0031
半分崩壊していました。雨が徐々に強くなってきたので駅に戻ります。
DSC_0023
続く
ちなみに車で大平集落から赤岩駅に向かうのであれば、この広場に車を停め徒歩で向かう事をお勧めします。
DSC_0045

この看板は正しい。この先は駅まで急カーブと急坂と悪路が続きます。大平集落含め『この先 赤岩駅』などという親切な表示は一切ありません。
DSC_0046

旧ホーム付近から現在の赤岩駅方面を見る。先ほど私を追い越したJRの車が有ります。
DSC_0062
ここは山形新幹線の通過駅なので、至近で新幹線を見る事が出来るけど速度は80キロくらいかな。米沢・福島間の40キロを約30分かけて走っているのでそんなところでしょう。
DSC_0081
雨も降り続くので、湿気たっぷりの待合室で米沢方面の普通列車を待ちます。
DSC_0069
約3時間の滞在でした。この後は大沢駅へ向かいます。
DSC_0088
続く



・‥…━━━☆・‥…━━━☆
この辺りの似た様な集落。